Tello Programming 002 -プログラミングの準備(Windows)-

前回,macOS環境でのプログラミングの準備に関して投稿しました.
今回は,Windows環境でのセットアップについてのメモです.

まずは,macOSの場合と同様にAdobe Airをインストールします.こちらからAdobeAIRInstaller.exeをダウンロードして実行します.
以下の画像のように「同意する」「完了」をクリックするだけです.

 
 

手順はmacOSと同じで,Ryze Tech社のサイトにある手順の通りに準備を進めます.Tello ScratchのREADMEには以下のように書かれています.

 

macOSの場合はScratch Desktop(ver. 3.6.0)をインストールしたものの,Shiftキーが効かなかったので,最初からScratch 2.0 オフラインエディターをインストールします.

まずは,Scratchのインストールです.ScratchのWebページからローカル環境でScratchを使用できる

の.exeファイル(Scratch-461.exe)をダウンロードします.

 

この.exeファイルは解凍(ダブルクリック)して,アイコンをアプリケーションフォルダに移動させるだけでインストールが始まります.

 
 
インストールが終了するとScratchが自動的に立ち上がります.
 
 

Nodeのインストールを行います.
Tello ScratchのREADMEには以下のように書かれています.

 

Node.jsのサイトからNodeのパッケージファイルをダウンロードします.
LTSでもCurrentでも良いと思いますが,とりあえず安定しているLTSをダウンロードします.

 
ダウンロードした実行ファイル(node-v10.16.3-x64.exe)をダブルクリックすると以下のようにインストールが始まります.
 
 
 
 
 
(これで,Nodeのインストールは完了)
 
TelloScratchファイルをダウンロードします.
Tello ScratchのREADMEには以下のように書かれています.
Scratch用のTelloデータをダウンロードするのはリンクをクリックするだけです.ダウンロードしした圧縮ファイル(Scratch_For Tello.7z)を解凍すると Scratch_普通版 というフォルダが作られます.そのフォルダ内に,以下の3つのファイルがあることを確認します.
 
  • Tello.s2e
  • TelloChs.s2e
  • Tello.js
これらのファイルのTello.jsをエディター等のソフトで開きます.
 
 
コマンドプロンプトを立ち上げて,以下のようにして tello.js をnode経由で読み込みます.
 
なお,上記のコマンドプロンプトの操作は,デスクトップ上に解凍した Scratch_普通版 フォルダがある前提です(モザイクがかかっている部分にはユーザー名が入ります).
コマンドプロンプトでの操作は,以下のようになります(太字部分が入力)
    C:\Users\ユーザー名>cd desktop
    C:\Users\ユーザー名\Desktop>cd Scratch_普通版
    C:\Users\ユーザー名\Desktop\Scratch_普通版>node tello.js
このように入力して,以下のように表示されれば成功です.
 
---------------------------------------
Tello Scratch Ext running at http://127.0.0.1:8001/
---------------------------------------
server listening 0.0.0.0:8890
 
次の設定はScratchTelloのデータを取り込むことになります.ここでの設定は,Tello ScratchのREADMEには以下のように書かれている箇所になります.
 
Scratch2.0オフラインエディターで,以下のように,Shift + File をクリックすると表示が変わり,"Import experimental HTTP extension"と表示されます(READMEでは"Import Experimental HTTP"とありますが,表示が異なる).
 
続いてScratchTelloのインターフェースをデータを読み込みます.Tello ScratchのREADMEには以下のように書かれている箇所になります.

 
先に書いたように,Scratch2.0オフラインエディターで"Shiftキー+File"をクリック(Shiftキーを押しながらFileをクリック)します.すると,以下のようなウィンドウが開くので,ダウンロードした Scratch_普通版 フォルダー内の"Tello.s2e"を選択します.

この段階で,Scratchの中にTelloのデータが読み込まれているので,Tello ScratchのREADMEの5に書かれている"More Blocks"をクリックします.
すると,以下のようにTello Controlというコマンドが表示されます.
 
以上で,プログラミングの準備は完了です.