-gnuplot- gnuplotのインストール (with Aquaterm)

macOSにHomebrew経由でgnuplotをインストールすると,terminal type が 'qt' のみとなってしまい,非常に困ってしまいます.
以前は,Homebrewのインストールで

$ brew install gnuplot --with-aquaterm

とすれば良かったのですが,現段階では何故かエラーとなってしまい,AquaTermが一緒にインストールすることができません.

AquaTermがないと.epsファイルへの書き出しができずに困ってしまうので,以下の方法でインストールを行いました.

まずは,Homebrew経由でインストールしたgnuplotを削除します.

Homebrewでインストールしたものを検索してみます).

$ brew list
(実際には,gnuplot以外にも色々と出てくると思うが,上記の例では,gnuplotのみを表示しています.


gnuplotがあることを確認して,以下のコマンドで削除します.

$ brew uninstall gnuplot
 
続いて,gnuplotのホームページからソースコードを入手します(この段階では ver. 5.2 を選択したので,ダウンロードしたファイルは gnuplot-5.2.7.tar です).
gnuplot-5.2.7.tar を展開して,適当なディレクトリに移動します(以下の例では xxx というディレクトリに移動したとして説明します).
 
gnuplot-5.2.7.tar を展開して移動したディレクトリ(xxx)に移ります
$ cd /Users/xxx/gnuplot-5.2.7 


以下のコマンドを入力します.

$ ./configure --with-readline=builtin --with-aquaterm
 
このコマンドを入力すると,以下のように相当ズラズラと流れます(以下の例では途中を省略しています).
checking for a BSD-compatible install... /usr/bin/install -c
checking whether build environment is sane... yes
checking for a thread-safe mkdir -p... ./install-sh -c -d
checking for gawk... no
checking for mawk... no
checking for nawk... no
checking for awk... awk
... <- Omission
gnuplot will install the following additional materials:
 
  cfg file for epslatex terminal: yes
  TeX *.sty for lua/tikz terminal: yes
  TeX files will be installed in /usr/local/texlive/texmf-local/tex/latex/gnuplot
                               (use --with-texdir=DIR to change)
  Help file: ${datarootdir}/gnuplot/5.2/gnuplot.gih
  PostScript prologue files: ${datarootdir}/gnuplot/5.2/PostScript/
 
続いて make します.
$ make
 
make においても,以下のように相当ズラズラと流れます(以下の例では途中を省略しています).
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/usr/bin/make  all-recursive
Making all in config
... <- Omission
make[3]: Nothing to be done for `all'.
cp -p ./Gnuplot.app-defaults Gnuplot
make[2]: Nothing to be done for `all-am'.
 

続いて,以下のコマンドを実行します.この段階ではパスワードの入力を求められるので,administrator としてログインする際のパスワードを入力します.

mini:gnuplot-5.2.7 hide$ sudo make install
Password:


この際にも以下のように,多少ズラズラと流れてインストールが完了します(例では途中を省略しています).

aking install in config
make[2]: Nothing to be done for `install-exec-am'.

 

make[2]: Nothing to be done for `install-data-am'.
... <- Omission
make[3]: Nothing to be done for `install-exec-am'.
 .././install-sh -c -d '/usr/local/share/gnuplot/5.2/app-defaults'
 /usr/bin/install -c -m 644 Gnuplot '/usr/local/share/gnuplot/5.2/app-defaults'
 .././install-sh -c -d '/usr/local/share/gnuplot/5.2'
 /usr/bin/install -c -m 644 colors_default.gp colors_podo.gp colors_mono.gp gnuplotrc '/usr/local/share/gnuplot/5.2'
make[2]: Nothing to be done for `install-exec-am'.
 
make[2]: Nothing to be done for `install-data-am'.
 
確認のためにgnuplot を立ち上げてみます.
 
G N U P L O T
Version 5.2 patchlevel 7    last modified 2019-05-29 
 
Copyright (C) 1986-1993, 1998, 2004, 2007-2018
Thomas Williams, Colin Kelley and many others
 
faq, bugs, etc:   type "help FAQ"
immediate help:   type "help"  (plot window: hit 'h')
 
Terminal type is now 'aqua'
 

上記のように

Terminal type is now 'aqua'

と表示されていれば成功です.

macOS High Sierra は上記の方法でインストールに成功しましたが,Majaveでは駄目でした...