-R- Jupyter NotebookでRを使う

以前に,Homebrew経由でRをインストールする記事を投稿しました.
今回は,RをJupyter Notebookで使えるようにするための手順のメモです.

まずは,ターミナルからRを起動します.

$ r
 
続いて,IRkernelのページにある手順に従って必要になるパッケージをインストールします.
> options(repos="https://cran.ism.ac.jp")
> install.packages(c('rzmq','repr','IRkernel','IRdisplay'),repos = c('http://irkernel.github.io/', getOption('repos')))


パッケージのインストールが完了したら,Rのコマンドラインから,以下を実行します.

> IRkernel::installspec()


その結果,以下のように表示されれば完了です.

[InstallKernelSpec] Installed kernelspec ir in /Users/hide/Library/Jupyter/kernels/ir
 
Jupyter Notebookを起動して,"New"を選択(クリック)した際に,以下のように"R"が表示されれば成功です.

f:id:HidehikoMURAO:20190618125607p:plain

 

ただ,現時点では外部のパッケージをJupyter Notebookで使う設定ができていません...