-Python v Julia- 二項分布

以前に,Pythonで二項分布のグラフをプロットする投稿をしました.今回は,同様の内容をJuliaで行ってみます.
二項分布の確率質量関数は

 \mathrm{Bin}(m | M, \mu) = {}_M C_m \mu^{m} (1 - \mu)^{M - m}

です.
実装は以下のようになります.実装例はREPLで行った結果です.

julia> using Statistics
 
julia> using Distributions
 
julia> using StatsPlots
 
julia> M = 50
50
 
julia> mu = 0.5
0.5
 
julia> m = Binomial(M, mu)
Binomial{Float64}(n=50, p=0.5)
 
 
julia> scatter(m, leg=false, xlims = (0,50))
 
以下のようなグラフが描かれます.
この図を保存するには,以下のコマンドを実行します(この例ではファイル名をplot1として.png形式のファイルで保存)
julia> savefig("plot1.png")
 
また,参考までに平均と分散を求めると以下のようになります.
定義に基づいて計算した平均
julia> println("mean = ", M*mu)            
mean = 25.0
 
Statics.mean()関数を用いて計算した平均
julia> println("mean = ", Statistics.mean(m))
mean = 25.0
 
定義に基づいて計算した分散
julia> println("variance = ", M*mu*(1-mu))         
variance = 12.5
 
Statics.var()関数を用いて計算した平均
julia> println("variance = ", Statistics.var(m))   # Calculate using function
variance = 12.5
 
なお,上記の例のJupyter Notebookファイルは,GitHubBinomialDistribution.ipynb というファイルで見ることができます.