-Julia- パッケージのインストール

Juliaにおいてパッケージをインストールした際のメモです.

現時点ではバージョン1.1ですが,Julia 1.0以降では"pkgモード"が作られています.
REPLを起動して"]"を入力するとプロンプトが "(v1.1)pkg>"と変わります.
この状態で
    add "Package Name"
とするとインストールが始まります.以下は,"StatsBase"パッケージをインストールした際の例です.

(v1.1) pkg> add StatsBase
  Updating registry at `~/.julia/registries/General`
 Resolving package versions...
 Installed Missings ─────────── v0.4.0
 Installed SortingAlgorithms ── v0.3.1
 Installed DataStructures ───── v0.15.0
 Installed StatsBase ────────── v0.30.0
 Installed OrderedCollections ─ v1.1.0
  Updating `~/.julia/environments/v1.1/Project.toml`
  [2913bbd2] + StatsBase v0.30.0
  Updating `~/.julia/environments/v1.1/Manifest.toml`
  [864edb3b] + DataStructures v0.15.0
  [e1d29d7a] + Missings v0.4.0
  [bac558e1] + OrderedCollections v1.1.0
  [a2af1166] + SortingAlgorithms v0.3.1
  [2913bbd2] + StatsBase v0.30.0
(v1.1) pkg> 

pkgモードからは,"delete"を押すか,Ctr+Cで抜けることができます.