-Python vs Julia- 数値と文字列についての比較

Python言語とJulia言語の比較を行った際のメモです.
今回は,数値と文字列についての比較です.比較を行った環境はPythonはver 3.6.6,Juliaは ver 1.1.0です.比較はREPLで行い,プロンプトが" >>> "となっているものはPythonでの実施で," Julia> "となっているものはJuliaでの実施です.

まずは,四則演算についてです.違いをまとめた一覧表は以下のようになります.

四則演算の違い
  Python Julia  
1. 加算 + + 同じ
2. 減算 - - 同じ
3. 乗算 - - 同じ
4. 除算 / / or \ 同じ
5. べき乗 ** ^ 異なる
6. 剰余 % % 同じ
7. 切り捨て除算 //   異なる
 

1. 加算の比較.
記法はPythonとJuliaで同じです.

>>> 3 + 5
8

 

julia> 3 + 5
8
 
2. 減算の比較.
記法はPythonとJuliaで同じです.
>>> 3 - 4
-1

 

julia> 3 - 4
-1


3. 乗算の比較.
記法はPythonとJuliaで同じです.

>>> 4 * 5
20

julia> 4 * 5
20


4. 除算の比較
記法はPythonとJuliaで同じです.

>>> 3 / 2
1.5

 

julia> 3 / 2
1.5


5. べき乗の比較
記法はPythonとJuliaで異なります.

>>> 2 ** 3
8

 

julia> 2 ^ 3
8


6. 剰余の比較
記法はPythonとJuliaで同じです.

>>> 5 % 2
1

 

julia> 5 % 2
1


7. 切り捨て除算
Pythonには切り捨て除算の機能がありますが,Juliaにはないようです(見つけられていないだけかもしれません).
記法はPythonとJuliaで異なります.

>>> 5 // 2
2
 
julia> 5 ÷ 2
2

他にも以下のようにすることもできます.

julia> div(5, 2)
2
 
julia> div(-5, 2)
-2
 

 

なお,上記の例のJupyter Notebookファイルは,Python_vs_Julia_Python_01Python_vs_Julia_Julia_01というファイルで見ることができます.