-Python- 関数の定義

関数の定義には def を使います.以下に,関数の定義例を示します.

>>> def f(a, b): 
...     return a + b
... 
>>> print(f(3, 5))
8
>>> print(f(2, 1))
3
>>> 
 
関数の引数にはデフォルト値を設定することができます.以下の例のように,引数が渡されない場合はデフォルト値が使われます.
>>> def g(a, b = 100): 
...     return a + b
... 
>>> print(g(3))
103
>>> print(g(2, 3))
5
>>> 
 
関数を呼び出す時に,明示的に引数名を指定して呼び出すことができます.このような引数を名前付き引数と呼びます.以下に引数を指定する例を示します.
>>> def h(a, b = 1, c = 1):
...     return a * 100 + b * 10 + c
... 
>>> print(h(1, 2, 3)) # 引数を3つとも指定している
123
>>> print(h(2))       # hikisuuwo
211
>>> print(h(2))       # 引数を1つだけ指定(b, cはデフォルト値)
211
>>> print(h(2, c = 2))           # 1つ目の引数とcを指定,bはデフォルト値    
212
>>> print(h(a = 2, c = 3))       # aとcの値を明示的に指定
213
>>> print(h(b = 2, a = 1, c = 3))# 名前付きで引数を与える場合は順番は関係ない
123
>>>