-Fortran- DOループによる反復演算

Fortran 90/95で,1〜100までの和を求めて結果を出力するプログラム例を以下に示します.

PROGRAM loop
  IMPLICIT NONE
  INTEGER i, sum              !integer type
    sum = 0                   !zero-clear
    DO i = 1, 100             !repeated operation by DO loop
      sum = sum + i
    ENDDO
  WRITE(*,*)  'Sum = ', sum   !output

 

END PROGRAM loop
 
このプログラムをコンパイルして実行すると以下のようになります.
$ gfortran loop.f90
$ ./a.out
 Sum =         5050
 

上記のプログラムは,以下のように書かれています.

1行目:program文(プログラム名称 - 省略可能)
2, 3行目:宣言文(宣言文は,実行文よりも前に記載する)
4〜8行目:実行文
9行目:end文

このように,PROGRAM文から始まり,END文で終わる program unit を main program といいます.
2行目のは,暗黙の変数の型に関する規約を無効にする宣言です.この宣言によって,使用する全ての変数を宣言することが義務付けられるため,タイプミスなどのエラー防止となります.