UAS

詳解 確率ロボティクス 2.3 確率モデル

前回の投稿に引き続き,詳解 確率ロボティクスの2.3 確率モデルを通して学んだことやコードを実行してみた結果のメモです.この投稿はGithubでもご覧になれます(こちら). ガウス分布*は(例えば)センサ値zがa以上b未満()に入る確率を ここで, を表し…

詳解 確率ロボティクス 2.2 度数分布と確率分布

UASの自律飛行にあたって,ロボティクスに興味を持ちました.上田隆一先生の書籍 詳解 確率ロボティクスが出版され,非常に分かり易そうだったので,詳解 確率ロボティクスの2.1センサデータの収集とJupyter Notebook場での準備,2.2 度数分布と確率分布を通…

Tello Programming 006 -Telloの状態確認(LED)-

Telloには機体前方のカメラ横にLEDがついています.このLEDの点灯,点滅パターンはTelloの状態を表します.LEDの状態は通常,警告,充電の3つに分けることができます.トイドローンなので,LEDの点滅,点灯からしか状態を把握することができませんが,何か異…

Tello Programming 005 -Scratchでプログラミング Test Flight 01-

これまでに数回に分けて,TelloをScratchでプログラミングする準備やテストを行ってきました.これまでの投稿は以下のようになります. Tello Programming 000 -Tello本体の準備- Tello Programming 001 -プログラミングの準備(macOS)- Tello Programming …

Tello Programming 004 -Scratchでプログラミング-

TelloをScratchで動かすには, ・Scratchオフラインエディター(現在、Ver.2.0) ・Node.js ・Adobe AIR が必要です.これらのセットアップに関しては,過去の投稿(macOS編,Windows編)を参照して下さい.また,Scratchの基本についても過去の投稿を参照し…

Tello Programming 003 -Scratchの基本-

前回(Windows),前々回(Mac)でTelloをプログラミングによって飛行させるためにScratchのセットアップを行いました.以下は,Scratchの基本についてのメモです. 前回(Windows),前々回(Mac)はデスクトプエディター(オフラインで利用できるScratch)…

Tello Programming 002 -プログラミングの準備(Windows)-

前回,macOS環境でのプログラミングの準備に関して投稿しました. 今回は,Windows環境でのセットアップについてのメモです. まずは,macOSの場合と同様にAdobe Airをインストールします.こちらからAdobeAIRInstaller.exeをダウンロードして実行します. …

Tello Programming 001 -プログラミングの準備(macOS)-

RYZE Telloの特徴的な機能の一つにプログラミングによる自動飛行が可能なことが挙げられます.Telloは「Scratchを使ってプログラムか可能」というのが教育用途にも適していることが一つのウリになっているようです. なお,Scratchとは,一般的なプログラミ…

Tello Programming 000 -Tello本体の準備-

TelloはDJIから発売されている200g未満*のドローンです.公表されている資料によると 重量:80g 飛行時間:13分 カメラ:500万画素 となっています. * 200g未満のドローンは航空法の適用を受けません. 標準ではプロポは付属しておらず,スマホ等で専用アプ…