Numpy

-Python- 共分散,相関係数

Pythonのnumpyのnp.covやnp.corrcoefを使い,データから標本共分散,標本相関係数を求める例のメモです. 関数には, データの次元 x データ数 のサイズのデータ行列を入力します. >>> import numpy as np >>> from sklearn.datasets import load_iris >>> …

期待値と分散

Pythonでは,確率分布からデータを生成するための関数 np.random や scipy.stats として提供されています. サンプルの生成で使うのは,以下のような関数です. 正規分布 np.random.normal(loc = 0.0, scale = 1.0, size = None) オプションのlocは期待値,s…

-Python- サイコロ投げ

等確率で出るサイコロの目をPythonで再現するには,ランダムに要素を取り出す関数 np.random.choice を用います. >>> import numpy as np >>> np.random.choice(np.arange(1, 7), 10) array([5, 6, 3, 2, 1, 4, 3, 3, 2, 2]) >>> np.arange(1, 7) は,標本…

-Python vs Julia- 配列についてについての比較

Python言語とJulia言語の比較を行った際のメモです. 今回は,配列についての比較です.比較を行った環境はPythonはver 3.6.6,Juliaは ver 1.1.0です.比較はREPLで行い,プロンプトが" >>> "となっているものはPythonでの実施で," Julia> "となっているも…