攻殻機動隊

攻殻機動隊 マニア考 -THE GHOST IN THE SHELL, 11 GHOST COAST-

バトーの運転する車に乗った脳殻だけの草薙素子は,バトーに尾行が付いていないか,逃走車を替えろなどと要求する.これは,この作戦に対して草薙素子が慎重になっているのか,普段もそのような指示を出しているのかはわからない. バトーはベッドに到着し,…

攻殻機動隊 マニア考 -THE GHOST IN THE SHELL, 10 BRAIN DRAIN-

冒頭に,Y-3という潜水艦状のサイボーグが登場する.ということは,海上で活動できるゴーストを持った人間ということになる.これらは,通常でも海上で暮らしているのだろうか.それとも,ミッションの際にボディを変えているのだろうか.Y-3は魚のような尾…

攻殻機動隊 マニア考 -THE GHOST IN THE SHELL, 09 BYE BYE CLAY-

草薙素子が冒頭で雨は無の音が義体をすり抜けてゴーストを包んでいるようで嫌だと言っている.これは,義体化しているから感じる感覚なのだろうか.きっと雨が義体に当たる感覚はあるはずなので,無感覚だからそのように感じるということは無いように思える…

攻殻機動隊 マニア考 -THE GHOST IN THE SHELL, 08 DUMB BARTER-

冒頭でテロリストの相馬が脳のメンテナンスを受けている.メンテナンスと言うよりも,むしろバージョンアップのように見受けられる.これは後でわかることだが,ドイツ製思考戦車(シンク)とシンクロするために行ったことのようだ.相馬は,草薙素子が過去…

攻殻機動隊 マニア考 -THE GHOST IN THE SHELL, 07 PHANTOM FUND-

冒頭で草薙素子のフチコマが,1課の戦車にアクセスした際に,何かとても大切な事が判ったような...と言っている.この接続は草薙素子によって切断される.このことは後のストーリには影響を及ぼさないが,フチコマ(ロボット)の苦悩を表現しているのかもし…

攻殻機動隊 マニア考 -THE GHOST IN THE SHELL, 06 ROBOT RONDO-

物語は,阪華精機の重要顧客に提供されている試供品のトリムアンデ型ロボットが暴走するところから始まる.提供されたのは荒巻部長の元上司である殿田大佐だ. シーンは変わってバトー,トグサ,および草薙素子がトリムアンデ型ロボットの回収にあたっている…

攻殻機動隊 マニア考 -THE GHOST IN THE SHELL, 04 MEGATECH MACHINE 1-

フチコマは並列化を行うAIである.なので,毎晩(もしくは仕事が終わった時点)個別の経験を共有して均質化される.これは,学習のスピードが物凄く早いことを意味する.この並列化による学習スピードは,どこかで頭打ちとなるかもしれないが,フチコマの台…

攻殻機動隊 マニア考 -THE GHOST IN THE SHELL, 03 JUNK JUNGLE-

冒頭でバトーは豪邸の庭園に潜入しての監視をしている.み゛んみ゛ん...という鳴き声が書かれていることから,蝉は存在するという設定のようだ.そこに荒巻部長が熱光学迷彩を纏って現れる.荒巻部長の身体の構造(どの程度義体化されているのかなど)は不明…

攻殻機動隊 マニア考 -THE GHOST IN THE SHELL, 02 SUPER SPARTAN-

SUPER SPARTANは超剛勇な人といった意味であろうか.このSUPER SPARTANは草薙素子を指しているのだろうか,それとも荒巻部長を指しているのだろうか. 冒頭で草薙素子とチームメンバー(まだ攻殻機動隊という名前は出てきていない)が花見をしているところに…

攻殻機動隊 マニア考 -THE GHOST IN THE SHELL, 01 PROLOGUE-

1991年から連載が始まった,士郎正宗の攻殻機動隊は,今(2018年)読んでも興味深い.攻殻機動隊自体の存在は知っていたが,実際に手にして読んだのはごく最近だ.設定や登場するツールなども非常に凝っていて,読み返したり調べたりしながら読むことができ…